引越しの際の荷造りのポイント(コツ) ‐ 引越し作業について ‐ 冷蔵庫と洗濯機だけ引っ越し.com

引越し作業について
引越し業者は口コミや評判が命なので丁寧な作業を心がけている
引越しの作業は段取りが命
ケース別に引越し作業を解説するコーナー
一般的な引越しではない作業のケース別解説
引越しの準備のポイント
引越し時のやることチェックリスト
引越しの際の荷造りのポイント(コツ)

ホーム引越し作業について

引越しの際の荷造りのポイント(コツ)

ここでは、皆さんが小物の箱詰めをされる際のコツやポイントを解説したいと思います。

また、家具や家電などに関する個別の情報に関しては、家具/荷物別の解説で具体的にご説明していますので、そちらをご覧ください。

さて、荷造りをいざすることになったら、何から手を付けて良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

迷った場合は、端から順番に片付けていくのも一つの方法です。いずれ全ての荷物を荷造りしないといけない訳ですから、迷わず順番にやってしまいましょう。

あちこち手を出さずに一部屋一部屋片付けるのが良いです。どれくらい作業が進んだのかも把握しやすいですし、それによってモチベーションも保てます。

その際、押入れやクローゼットなどから始めると良いです。押入れなどの中の荷物をダンボールに詰め終わったら、それを再度押し入れに入れます。そうすることによって、作業スペースや生活空間が確保できて、引越し当日まで普段と変らない生活ができるからです。

荷造りが終わったダンボールに何を入れたか書くところがありますが、出来れば上下左右など複数箇所に書くのが良いです。

作業員が部屋にダンボールを積み上げていきますが、その際に下の方のダンボールは側面しか見えないからです。丁寧な作業をする業者であれば、ダンボールの向きをそろえる配慮をしますが、そうでなければ片側の側面だけであれば駄目なんです。

契約をするとサービスでダンボールを貰いますが、その枚数で足らないことがあります。サービス分以外は有料になることが多いですが、意外とダンボール代は高いです。

引越し業者によっては、引越しを終えた方から回収してきた中古ダンボールを無料でくれるところもあります。聞いてみてください。

要らない物は、引越しのタイミングで徹底的に処分しましょう。不要品の引取りを業者に依頼すると高くつくことが多いので、出来る限り自分で処分する様にします。

不要品は袋などに仕分けして、一箇所にまとめてしまったほうがすっきりします。

引越し業者によって若干違うのですが、通常のコースで家電製品の梱包をやっててくれるところもあります。

ただ、ダンボールに入る様な大きさの家電製品(トースターなど)であれば、ご自身でダンボール詰めをしておいたほうが、当日の業者の作業が早くなります。

引越しの当日に時間があるようであれば、家電製品のコンセントは配線は抜いておけばベストです。これも、作業員やってもらうよりも早く作業が進むからです。

いずれにしても、テレビやステレオ、パソコンなどの電気製品の脱着工事を依頼している場合でなければ、引越し先での配線は基本的に引越し業者はやってくれません。苦手な方は依頼されるお良いです。

頑張ってください!

【無料】ガイド推薦の一括見積もり依頼サービス
引越しQ&A 質問受付コーナー
お問い合わせ
運営者情報

コンテンツ更新履歴
2021-09-16 18:04:44Q&Aの「家具の移動」を受付ました。2021-09-02 15:13:09Q&Aの「洗濯機の移動」を受付ました。2021-08-10 16:36:08Q&Aの「庭にある電動ベッドをクレーンで2階のベランダに置いてほしい」を受付ました。2021-08-04 14:27:08Q&Aの「家具移動」を受付ました。2021-07-31 15:49:16Q&Aの「大阪市内で冷蔵庫を1階から2階に吊り上げて頂きたい」を受付ました。2021-07-27 13:55:04Q&Aの「奈良県から大阪府まで、冷蔵庫の運搬→入れ替えを希望です。」を受付ました。2021-07-16 19:16:22Q&Aの「ソファーの搬入と廃棄」を受付ました。2021-07-01 01:40:25Q&Aの「冷蔵庫の買い換えに伴う搬入出について」を受付ました。2021-06-27 16:34:46Q&Aの「移動」を受付ました。2021-06-24 12:59:16Q&Aの「マッサージ機」を受付ました。

見積もりのテクニック 引越し作業について 引越し業者について 家具/荷物別の解説 用語集 Q&A ケース別解説
運営者情報 お問い合わせ 紹介サイト集